【保存版】六本木100%観光ガイド!行き方・アート・夜景・グルメ・ナイトスポットなどまとめ

【保存版】六本木100%観光ガイド!行き方・アート・夜景・グルメ・ナイトスポットなどまとめ

バーやクラブが集まる大人の街、TOKYOトレンドの発信地、多くの美術館が集まるアートの街、各国の大使館や有名企業が集まるビジネス街。たくさんの顔をもっている六本木。今回は、六本木への行き方はもちろん、観光スポットやナイトスポット、寿司屋などのグルメ情報まで、六本木を楽しむための情報をまとめました。

六本木とは

バーやクラブが集まる大人の街、TOKYOトレンドの発信地、多くの美術館が集まるアートの街、各国の大使館や有名企業が集まるビジネス街。たくさんの顔を持ち、いまや国際的にも知られる日本有数の繁華街が、東京都港区にある六本木です。かつてはVIPや芸能人の遊び場といったイメージがありましたが、地下鉄大江戸線が開通したことによって交通の便がよくなり、さらに六本木ヒルズや東京ミッドタウンといった大型施設ができたことで、様々な人が集まる文化都市として注目を集めるようになりました。

渋谷や新宿からも近く、歩ける距離に魅力的なスポットが集まる六本木は観光にもぴったり。そんな六本木を楽しむために知っておきたいことをまとめました。

目次:

1.六本木への行き方
2.六本木の観光スポット
3.六本木のグルメスポット
4.六本木のナイトスポット
5.六本木のホテル事情
6.旅のお役立ち情報

六本木への行き方

六本木へは主に地下鉄かバスで向かうのがよいでしょう。主要駅からの行き方は以下の通りです。

①渋谷から六本木への行き方(電車とバス)


電車

a.大江戸線ルート
【渋谷駅】(東京メトロ銀座線 浅草方面)→【青山一丁目駅】(都営大江戸線 六本木・大門方面)→【六本木駅】
青山一丁目駅で銀座線から大江戸線に乗り換えるルート。所要時間は10分、料金は269円です。

b.日比谷線ルート
【渋谷駅】(JR山手線内回り 品川・東京方面)→【恵比寿駅】(東京メトロ日比谷線 北千住方面)→【六本木駅】
恵比寿駅で山手線から日比谷線に乗り換えるルート。所用時間は13分、料金は298円です。

バス
【渋谷駅】(都営バス【都01】新橋駅前行 51番のりば)→【六本木駅前】
【渋谷駅】(都営バス【都01】赤坂アークヒルズ行 51番のりば)→【六本木駅前】
【渋谷駅】(都営バス【渋88】新橋駅前行 59番のりば)→【六本木駅前】

渋谷駅のバス乗り場から、六本木方面に行くバスが出ています。所要時間は15~20分、料金は210円です。乗り換えがないのでラクです。

②新宿から六本木への行き方(電車)

【新宿駅】(都営大江戸線 六本木・大門方面)→【六本木駅】

新宿駅から六本木駅へは、都営大江戸線で1本です。所要時間は10分、料金は216円です。

③東京駅から六本木への行き方(電車)

【東京駅】(東京メトロ丸ノ内線 荻窪方面)→【霞ヶ関駅】(東京メトロ日比谷線 中目黒方面)→【六本木駅】

霞ヶ関駅で東京メトロ丸ノ内線から東京メトロ日比谷線に乗り換えます。所要時間は11分、料金は165円です。

④上野から六本木への行き方(電車)

【上野駅】(東京メトロ日比谷線 中目黒方面)→【六本木駅】

上野駅から六本木駅へは、東京メトロ日比谷線で1本です。所要時間は25分、料金は195円です。

〜六本木の観光スポット〜

<六本木ヒルズ>

2003年に開業した都市型の複合施設で、コンセプトは「人々が参加する街」。オフィスや居住空間に加えて、レストランやショップなど200を超える商業施設、ホテル 「グランドハイアット東京」、最新設備を備えた映画館「TOHOシネマズ」、森美術館・森アーツセンターギャラリーといったアート施設が集まる六本木のランドマークです。

住所:東京都港区六本木6-10-1
電話番号:03-6406-6000
公式HP:http://www.roppongihills.com/(日本語)、http://www.roppongihills.com.e.nt.hp.transer.com/(英語)

1.東京シティビュー・六本木ヒルズ屋上「スカイデッキ」

森タワー52Fの「東京シティビュー(Tokyo City View Lounge)」は、海抜250メートルの屋内展望回廊。東京タワーや東京スカイツリー、天気がよい時は富士山までも一望できます。ライトアップされた夜景は、絵のように美しいと評判。眺望と融合したイベントや展覧会を開催する「スカイギャラリー」や、カフェ&レストランもあり、絶景を楽しみながら心地よい時間が過ごせます。夜の23時まで営業しているのも1日たっぷり遊びたい人にはうれしいポイントです。

「スカイデッキ」は、海抜270mに位置するオープンエアの屋上展望台。大空と風を体感でき、都心にいながら星空観察までも楽しめます。

2.森美術館

森タワーの53Fという、日本一高い場所にある美術館が「森美術館(Mori Art Museum)」です。現代美術を中心とした質の高い企画展示を年間を通して行っています。10:00~22:00まで(火曜日のみ17:00まで)開館しているので、ディナーの後でもアート鑑賞を楽しむことができます。

詳しくは「最先端アートが集結する街。六本木駅から徒歩圏内の美術館3つ」の記事をご覧ください。

3.毛利庭園

六本木ヒルズの中にある日本庭園。面積4300平方メートルもの広大な敷地に、池を中心として桜やイチョウなどの木々が配置され、四季折々の自然を感じることができます。かつて江戸時代には、この地に長府藩藩主・毛利綱元の屋敷があったことから「毛利庭園」の名がつきました。

詳しくは「ショッピングのついでに立ち寄れる、都内のお花見スポット5選」の記事を御覧ください。

4.六本木けやき坂

六本木ヒルズ内の高級ブティックやカフェ、レストランが並ぶ約400mの並木道。車で通るとちょうど中央に東京タワーが見えます。クリスマス・イルミネーションの美しさは有名で、東京タワーのライトアップとの華麗な競演が楽しめます。

詳しくは「東京の冬の夜をきらびやかに彩るイルミネーションを見に行こう」の記事を御覧ください。

<東京ミッドタウン>

日比谷線・大江戸線の六本木駅直結の大型複合施設。有名ブランドのコンセプトショップからユニクロまでそろうショッピングスポットであり、美術館でアート鑑賞をしたり、レストランのグルメを楽しんだり、スーパーやデリ、パン屋さんでテイクアウトして庭園でひと休みしたりすることもできます。

詳しくは「六本木でお買い物とピクニックを楽しもう!東京ミッドタウンで欲張りな観光を」の記事を御覧ください。

東京ミッドタウン
住所:東京都港区赤坂9−7−1 ‎
電話番号:03-3475-3100
公式HP:http://www.tokyo-midtown.com/jp/(日本語)、http://www.tokyo-midtown.com/en/(英語)

5.ガーデンテラス

東京ミッドタウンのメインショッピングエリア「ガレリア」に面した庭園。周囲にはレストランが複数あり、緑を眺めながら食事ができます。季節ごとのイベントやイルミネーション、冬に登場するアイススケートリンクも人気です。

6.サントリー美術館

国宝、重要文化財を含む約3000件の美術品を所蔵。「生活の中の美」をテーマに、日本美術を中心とした企画展を開催しています。木と和紙を随所に用いた空間は、建築家の隈健吾氏の設計。併設された「shop×cafe」ではミュージアムグッズのほか、日本らしい小物や雑貨も販売しています。カフェスペースでは加賀の麩屋「不室屋(ふむろや)」のお弁当や和のスイーツが味わえます。

詳しくは「最先端アートが集結する街。六本木駅から徒歩圏内の美術館3つ」の記事を御覧ください。

7.21_21 DESIGN SIGHT

企画展を中心に、トークやワークショップを通じて様々なデザインに触れることができる施設。日本が誇るデザイナーである三宅一生、佐藤卓、深澤直人の3人が中心となってディレクションしています。周囲のガーデンに溶け込むような建築は、安藤忠雄の設計です。詳しくは「日常のできごとやものごとをデザインで発信、提案。六本木『21_21 DESIGN SIGHT』」の記事ご覧ください。

<その他>

8.国立新美術館(ナショナルアートセンター東京)

ミッドタウンの隣に2007年にオープンした日本で5館目の国立美術館。唯一コレクションを持たないため、英語名では「THE NATIONAL ART CENTER TOKYO」を名乗り、大規模な企画展や公募展、教育普及活動を行うアートセンターとしての役割を担っています。美術資料を集めた図書室や、ミュージアムショップ・レストラン・カフェなどを併設。故黒川紀章氏が設計したガラスばりの館内には、あちこちに世界の名作チェアが置かれ、自由にひと休みできます。

詳しくは「最先端アートが集結する街。六本木駅から徒歩圏内の美術館3つ」の記事を御覧ください。

9.スヌーピーミュージアム

2016年4月にオープンした「スヌーピーミュージアム」。アメリカ・カリフォルニア州のサンタローザにある「シュルツ美術館」の世界初のサテライト美術館です。スヌーピーの生みの親である故チャールズ M. シュルツ氏に関する展示品が見られるギャラリー、オリジナルのスヌーピーグッズが購入できるショップ、オープンデッキのカフェがあります。詳しくは「六本木の癒しスポット!日本初のスヌーピーミュージアム」の記事をご覧ください。

六本木のグルメスポット

日本食から多国籍料理まで、様々なグルメが楽しめる六本木。長く愛されてきた名店、大人の遊び場にふさわしいラグジュアリーなレストランだけでなく、周辺で働くビジネスマンや住人が通う人気のラーメン店や、お得なランチスポットもたくさんあります。味にうるさい食通が集まる街で、グルメ三昧を楽しんでみては?

寿司

寿司は、いまや世界で愛される日本食の代表選手。ちょっぴり敷居の高い高級店もあれば、気軽に行けるリーズナブルな店もあるので、予算に合わせてチョイスしましょう。詳しくは「日本にきたならやっぱり寿司!六本木のオススメ寿司店5選」の記事をご覧ください。

夜景が見えるレストラン

高層ビルや高級ホテルが集まる六本木には、高層階から東京の眺めを一望できるレストランがたくさんあります。見事な夜景を見ながら味わう料理は、きっと思い出に残るはず。詳しくは「東京・六本木で夜景が見えるレストラン4選」の記事をご覧ください。

英語対応している和食レストラン

世界の大使館や外資系企業のブランチオフィスが集まる六本木には、英語メニュー完備の日本食レストランもあります。各国の要人やビジネスパーソンが訪れる名店なら、味もお墨付きです。詳しくは「六本木で贅沢ディナー!英語対応している和食レストラン6選」の記事をご覧ください。

六本木のナイトスポット

多くの飲食店が夜中まで営業してい六本木には、クラブなどのナイトスポットも多くあります。

muse

六本木の隣のエリアである西麻布にあるクラブです。六本木周辺では、最大級の収容人数を誇ります。museでは、毎週末大きなパーティが開かれ、1200人以上もの人が集まるにぎわいよう。音楽は、ハウスやR&Bが中心。自然と体を揺らしたくなります。

FERIA TOKYO

FERIA TOKYOは、地上4F、地下1Fの構造をしたレストラン&ラウンジ。いわゆるクラブのフロアは地下1F、地上2、3Fで、1Fはレストラン、4Fはテラス&バーという造りをしています。音楽は、ヒップホップ、ハウス、R&B、エレクトロニックなど様々です。ラグジュアリーな空間が魅力のスポットです。

BRAND TOKYO

BRAND TOKYOは、地上2F、地下1Fの構造でそれぞれのフロアが違うコンセプトを基に作られているのが特徴です。地下1Fはメインフロアで、ミラーボールやDJブース、ステージなどが設置してある、まさに「クラブ」という雰囲気のフロアです。

館内で流れる音楽は、ハウス、テクノ、ヒップホップ、レゲエなど様々。サウンドシステムも充実しているため音楽にどっぷりと浸ることができます。

上記のクラブの詳細は「東京でナイトライフを満喫。六本木の訪日旅行客が多いクラブ3選」をご覧ください。

六本木のホテル

世界の要人、ビジネスパーソンから観光客まで、六本木に集まる人は多種多様。日本トップレベルのラグジュアリーホテルから、アクセスのよいリーズナブルなホテルまで、選択肢は多彩です。

Hotel the b 六本木

六本木駅から徒歩1分、東京ミッドタウンや六本木ヒルズにも近いデザイナーズホテル。

ヴィラフォンテーヌ六本木

六本木一丁目駅に直結した便利なホテル。無料Wi-Fi付き、パンやサラダなどを中心とした軽い朝食が無料なのも嬉しいですね。

ホテルアルカトーレ六本木

六本木駅出口のすぐ隣、六本木ヒルズまで徒歩3分に位置するホテル。立地のわりにリーズナブルな価格で、無料Wi-Fi付きの客室に泊まれます。

ザ・リッツ・カールトン東京

東京ミッドタウンのシンボル、ミッドタウンタワーの最上層に位置する世界屈指のホテル。地上200メートルからの眺めと極上のサービスが高い評価を受けています。

グランドハイアット東京

六本木ヒルズの一画にある、都会的で洗練されたホテル。フィットネスジムやスパもあり、長期滞在にもオススメ。

六本木のホテルについて詳しくは「六本木で宿泊するなら…オススメのホテル5選」をご覧ください。

旅のお役立ち情報

困った時にもあわてない、六本木トラブルマップ

外貨と日本円を両替したいときは、銀行の外貨両替サービスやセブンイレブンのATMを利用してみましょう。

現金不足のときに!日本で外貨両替ができる定番の4スポット

手持ちの現金がなくなったときは、「PLUS」マークのあるATMを探してみましょう。簡単に海外キャッシングサービスを利用することができます。

外国人に聞かれたらサッと応えてあげたい。日本のPLUSマーク対応ATMの設置場所

ホテルに宿泊する際、日本語が使えると便利です。簡単なフレーズを紹介。

ホテルで使えると便利な日本語10選!

日本には、外国人観光客向けの便利なWi-Fiサービス「Japan Connected-free Wi-Fi」があります。事前にアプリをダンロードしておきましょう。

Japan Connected-free Wi-Fiサービスって?日本で無料wifiが使える場所まとめ

日本旅行でかかる食費は1日いくら? 事前に予算を立ててみよう。

日本旅行、1日の食費は平均いくら?(コンビニ、レストラン、寿司屋)

執筆者&翻訳者

MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...