東大に隠れる隅研吾建築。ミシュラン料理人が手がける和カフェ「廚 菓子 くろぎ」

東大に隠れる隅研吾建築。ミシュラン料理人が手がける和カフェ「廚 菓子 くろぎ」

海外でも高い評価を受ける日本人建築家・隈研吾氏。東京大学の教授としても活動する氏が、東京大学キャンパス内のカフェをデザインしていることをご存知ですか?隈研吾氏デザインの和カフェ「廚 菓子 くろぎ」を紹介します。

海外でも高い評価を受ける日本人建築家・隈研吾氏。東京大学の教授としても活動する氏が、東京大学キャンパス内のカフェをデザインしていることをご存知ですか? それが「廚菓子 くろぎ」。ミシュランで星を獲得している和食料理人・黒木純氏がメニューをてがける和カフェです。

留学生の集まるキャンパスで、和菓子の魅力を世界に発信

お店の建っている場所には、もともと学術研究館用の建物がありました。

東大のキャンパス内に和風カフェを作る計画を黒木氏が耳にし、「世界各国から留学生と教授が集まる東京大学ならば、和菓子の魅力をもっと海外に発信できる」と考え参加を決めたそうです。

杉の木で包まれたぬくもりのある建物


建物は全体が杉の板で覆われており、やわらかい木の色が全体の雰囲気を落ち着かせています。周囲が緑で囲まれているため、杉の木のぬくもりと相まってまるで自然の中にいるよう。

特にテラス席はオススメです。天気のよい日は太陽の光がほどよく射し込み、森のなかで日向ぼっこをしているような気分になれます。冬期にはブランケットの貸出しを行ってくれるので寒さが苦手な人でも楽しめますよ。

お店の方によると、多くの人が建築を見るためにわざわざお店にやってくるそうです。その中には好奇心から店内に足を踏み入れる人もいれば、わざわざ海外から来るアジアの旅行グループもいるのだとか。

店内の席数はあまり多くないものの、その分お店の方とお客の距離が近く、バリスタと店員さんが真剣な眼差しでコーヒーを淹れる様子とその丁寧な仕事の様子を覗くことが出来ます。

食べても見ても楽しいメニューの数々

お皿や食器、お盆など、こだわりのある店内のアイテム全てが、お客の舌だけでなく目も楽しませてくれます。例えば全て織部焼で作られた陶器のコーヒーカップはオーダーメイドで、ここでしか使われていないものです。


今回は冬季限定の金箔桜ぜんざいと焼きもちのセットを注文しました。ぜんざいに浮ぶ桜の花と金箔が混ざり合い、口に入れるとしょっぱさと酸味、桜の香りが広がり、小豆も甘すぎることはありません。単品1,300円です。

ほどよい塩気の漬け物と口に入れた瞬間に溶ける砂糖菓子も一緒に出され、満足すること間違いなし! 炭火で焼いて仕上げるお餅は口当たりがモチモチしていて、ぜんざいと一緒にいただくと冬には最高の組合せとなります。

和風かき氷は夏季限定で販売されていましたが、あまりに好評だったため発売期間が延長され季節外でも提供されるようになりました。また、季節ごとに味の変化もあります。秋期にはカボチャとマロン味のメニューを準備しています。

ここで紹介するのは黒蜜きな粉クリームかき氷です。まず注目すべきはその大きさ。女性なら二人でシェアすることをオススメします(ひとりワンオーダー制なので注意)。かき氷の上に掛けられたきな粉はピーナッツのような味わいで、中にはナッツとクルミ、小豆が入っていて、何層にも重なる口当たりを楽しむことが出来ます。さらに注目したいのは濃厚な手作りのクリームで、こちらには醤油が入っているそうです。次から次へと口に運んでしまう甘じょっぱい味わいで、さらに上にかかっている黒蜜のおかげで風味がより一層増します。単品1,300円です。

提供されているコーヒーは、日本で今流行っている「猿田彦コーヒー」のコーヒー豆で、口当たりにやや酸味があるのが特徴です。コーヒーと和菓子の完璧な組合せもその魅力のひとつです。アイスコーヒーには濃い口と薄口があり、さらには、イタリア式の濃縮機を用いるか、金属で濾すか、濾紙を用いて入れるかなど、お客さんの好みに合わせて調製することが可能です。単品900円。

ホットのカフェラテやカプチーノを注文するとラテアートをしてくれます。口に入れると苦過ぎること無く、コーヒーの香りがとても芳醇です。単品900円。

全てのコーヒーメニューがテイクアウト可能で、その容器のデザインもとても可愛く凝っていて、お店のロゴまで印刷されています。

最も贅沢でおみやげにぴったりな商品

お店で販売しているおみやげはその日限定のものであり、予約優先制です。お店で購入したくてもゲット出来ない可能性もあります。商品には徳島和三盆などの和菓子の他にも、濃縮コーヒーや岩手県の農家と共同で作っている小金瓜天然ジュース(トマトジュース)も販売しています。

おわりに

和菓子は伝統を守っているだけではなく、常に進化し発展し続けている食文化です。現代建築と日本で注目しているコーヒー、それに和菓子の組合せは視覚的にも味覚的にもこの上ない最高の贅沢となることでしょう。東大に足を運んだ際は銀杏並木とその歴史を楽しみつつ、コーヒーと和菓子で一息入れるのはどうでしょうか?

インフォメーションを見る

執筆者&翻訳者

大學電影系畢業後因為一場東京之旅毅然決然卯起來到日本學日文 從留學,打工度假,到踏進職場打拼。正在每天接受文化衝擊中生活。 曾任台灣日系雜誌編輯,口譯,現為住在東京的企劃編輯。https://www.facebook.com/filmmiho/

翻訳者 Kunihisa

MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...