【栃木県】自然あふれる温泉郷、塩原温泉~アクセス・日帰り入浴スポット・旅館情報など~

【栃木県】自然あふれる温泉郷、塩原温泉~アクセス・日帰り入浴スポット・旅館情報など~

栃木県那須塩原市にある温泉郷。清流として名高い箒川に沿って11の温泉や温泉旅館が並びます。11の湯の泉質はそれぞれ異なるため、湯めぐりをしてお湯の違いを楽しむのがオススメ。塩原温泉へのアクセス、効能や楽しみ方とオススメの日帰り温泉と旅館などを紹介します。

塩原温泉とは

塩原温泉とは、関東地方の栃木県那須塩原(なすしおばら)市にある温泉の総称。塩原温泉郷とも呼ばれます。清流として名高い箒川(ほうきがわ)に沿って、福渡(ふくわた)温泉、塩釜(しおがま)温泉、塩の湯(しおのゆ)温泉、中塩原(なかしおばら)温泉などの11の温泉と温泉旅館が並びます。

11の湯の泉質はそれぞれ異なるため、湯めぐりをしてお湯の違いを楽しむのがオススメです。

塩原温泉の効能・特徴

塩原温泉の泉質は、それぞれの温泉で異なります。

たとえば、福渡温泉や塩釜温泉、塩の湯温泉には硫酸塩泉の湯があり、やけどや切り傷、皮膚病への効果が期待できます。また、中塩原温泉は単純温泉で、こちらも切り傷ややけど、皮膚病、婦人病などによいと言われています。

泉質はひとつではなく複数ある温泉もありますので、現地で確認しましょう。

塩原温泉への行き方

東京方面から塩原温泉へは、電車で行く方法と高速バスで行く方法があります。

東京から電車で行く

東京駅からJR東北新幹線に乗り、那須塩原駅で降ります。所要時間は1時間10分、料金は5,390円です。

那須塩原駅に着いたら、JRバス関東の塩原温泉行きに乗り、終点で降ります。所要時間は1時間10分、料金は1,170円です。

新宿駅から高速バスで行く

新宿駅の「バスタ新宿」から、土日のみ、塩原温泉行きの高速バスが出ています。JRバス「那須・塩原号」に乗ると、約3時間20分で塩原温泉に到着します。料金は、3,400円です。

塩原温泉の日帰り入浴スポット

塩原温泉で日帰り入浴できるスポットです。

もみじの湯

塩原温泉

© JNTO

塩原の郷土資料館「塩原もの語り館」の近くにある混浴(mixed bathing)の露天風呂。周囲にはもみじが植えられて降り、紅葉の季節には、鮮やかな紅色のもみじを眺めながら温泉につかれます。泉質は、美人の湯とも言われる炭酸水素塩泉で、入ると肌がツルツルになります。

入浴料:100円 ※税込、入湯税込 ※日中のみ営業(夜7時~朝7時は閉鎖)
住所:栃木県那須塩原市塩原

塩原温泉華の湯

市営の温泉施設。大きな石を積んだ露天風呂と内湯、サウナがあり、塩原市民や旅行者の憩いの場となっています。露天風呂や内湯はそれぞれ男女別になっているので、混浴が苦手な人も安心です。

入浴料:中学生以上700円、65歳以上300円、小学生300円、小学生未満無料 ※税込、入湯税込
住所:栃木県那須塩原市上塩原603
公式HP:http://www.alsok-shiobara.jp/

湯っ歩の里(ゆっぽのさと)

国内最大規模の足湯をもつ温泉公園で、塩原温泉街の中心にあります。足湯は全長60mもあります。施設内には四季の花木を楽しめる庭園も。

施設使用料:大人200円、小中学生100円 ※税込、入湯税込
住所:栃木県那須塩原市塩原602−1
公式HP:http://www.alsok-shiobara.jp/

塩原温泉のオススメ旅館

塩原温泉でオススメの宿泊施設です。

旅館 上会津屋(りょかん かみあいづや)

塩原温泉
塩原温泉

© JNTO

箒川沿いに建つ温泉旅館「旅館 上会津屋」では、川のせせらぎを聞きながらのんびりと滞在ができます。坪庭を眺めながら入る庭園風呂や、日本の茶室をイメージしてつくられた茶室風呂で日頃の疲れを癒してください。客室は和室のみです。

住所:栃木県那須塩原市塩原745
公式HP:http://www.kamiaizuya.com/

湯守 田中屋(ゆもり たなかや)

100年以上もの歴史を持つ老舗旅館。箒川と渓谷の緑を眺めながら入る露天風呂が旅館の目玉です。料理は、旬の野菜と川魚を炭火で焼いて食べる炉端料理がいただけます。部屋は和室と和洋室の2種類。露天風呂つきの客室もあります。

住所:栃木県那須塩原市塩原6
公式HP:http://tnky.jp/

明賀屋 本館(みょうがや ほんかん)

箒川のすぐ隣にある川岸露天風呂で知られる温泉旅館。清流を見ながら温泉に浸かるという、格別の体験ができます。こちらの露天風呂は混浴ですが、ほかに、女性専用の露天風呂もあります。部屋は和室のみ。夕食は会席料理を選ぶこともできます。

住所:栃木県那須塩原市塩原353
公式HP:http://myogaya.com/

塩原温泉を楽しむポイント

那須地方の山奥にある塩原では、山や川とそこに生育する植物などの自然をたっぷりと楽しむことができます。

ハンターマウンテンゆりパーク」では500万輪の百合の花、「箱の森プレイパーク」では日本でも珍しいミズバショウやヤマツツジが植えられており、訪れる人の目を楽しませてくれます。

塩原地域を流れる箒川では、キャニオニング、カヤック、トレッキング、釣りを楽しむこともできます。温泉だけでなく、観光やアクティビティまで楽しめる塩原地域。日帰りもよいですが、宿泊して現地を遊び尽くすのもオススメです。

温泉の入り方について詳しくは「知っておきたい、日本のお風呂・温泉・銭湯の文化とマナー」の記事をご覧ください。

※移動時間や交通費等の情報は公式サイトの情報に基づいて掲載しています。2017年3月現在の情報です。変更になる場合がありますのでご了承ください。

インフォメーションを見る

執筆者&翻訳者

ライター/エディター/翻訳家 熊本県の田舎出身。海が好き。日本の良いところ、良いものを世界に届けます。
MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して日本の情報をチェックしよう。

関連記事

特集

ランキング

Loading...